本文へ移動

綴子神社例大祭

数基の大太鼓を打ち鳴らしながら行進し五穀豊穣を祈願します

今から約750年前、弘長二年(西暦1262年)に始まったと伝えられる伝統行事。
上町と下町のふたつの集落が徳川方(上町)、豊臣方(下町)にわかれ一年交代で綴子神社に大太鼓を奉納し、虫追いや雨乞い、五穀豊穣を祈願します。集落内を数基の大太鼓を打ち鳴らしながら行進する様は圧巻です。また、綴子神社境内で披露される獅子踊りや奴舞いも必見。
平成元年ギネス登録の大太鼓は直径3.71m、現在一番大きな太鼓は直径3.8mです。
7月14日【宵宮祭】出陣行列/奉納(獅子舞、奴踊等演舞)
19:00~出陣行列の様子を見ることができます。(予定)
7月15日【例 祭】湯立て神事(作占い)/出陣行列/奉納(獅子踊、奴舞等演舞)/集落内披露(獅子舞、奴舞)
11:00~出陣行列の様子を見ることができます。(予定)
※車でお越しの方は、「道の駅たかのす」または「大太鼓の館」の駐車場をご利用ください。
開催場所:綴子神社(北秋田市綴子字西館46)
開催日時:平成30年7月14日(宵宮祭) 19:00~※雨天決行
     平成30年7月15日(例 祭) 11:00~※雨天決行
         ※平成30年度のイベントは終了いたしました。
問合せ先:大太鼓の館
     TEL 0186-63-0111